受講者の声

❶ 愛知県 日本福祉大学 大学教員 (40代 男性 M様)

 セッションの中で自分が目標にしているものを明確にすることができました。
またそれらを達成するためにどのような行動を起こすかということを、共に考えながら導いてもらい行うことができました。
自分の中にあるものに向き合うことができ、以前より明確に認識できるようになったと思います。自分の助けになるような情報を適宜提示していただいたり、考えを聞くことにより自分の考えも自覚できたと思います。ありがとうございました。

 

❷ 鹿児島県 人材開発コンサルタント代表 (30代 女性 N様)

 行動を言語化していくことが多かったため、イメージがより明確になり、具体的な行動計画がつくりやすくなりました。結果、実際に動きやすくなりました。
行動の具体化・目標の明確化を促す問い、コミットメントを高める問いがとても効果的で、強みであられるように感じました。
声質は柔らかく安心感がありました。クライアントのためにという気持ちを感じる提案や承認はコーチとクライアントの信頼関係を強めることを感じました。ありがとうございます。

 

❸ 兵庫県 外資系飲料メーカー営業マネージャー(50代 女性 H様)

 他者に影響力があることは理解しています。目的に向かい、効率よく、的確に意見を伝えるため、より一層手厚く準備をするようになりました。
多くのやるべきことがあり、また、会社の方針が大きく変わる中、迷うことや、困惑することなく、冷静に自分の意思を選択出来たことに感謝しています。
多くの方の為に役立つ、良い指導者になられると思っています。

 

❹ 海外上海市 コンサルタント会社 代表取締役 (40代 女性 A様)

 自分が事業を通してやりたいことは、お客様のために新しい商品を開発することだということに気づいた。新しい商品を開発することが自分のやりたいことだと気づいたので、やったことのない仕事を引き受けたり、やったことのないマーケティング施策にチャレンジすることへの壁がなくなった。
何を言っても笑って受け止めてくれる安心感がありました。その安心感の中で、問いをされることで、のびのびと自由に思考することができました。自分の価値観に気づかされました。さらにその価値観を使ってどんなことができるのか、その価値観に気づいた私は前とどう違うバージョンアップをしていくのかについて、もっと話してみたかったです。ありがとうございました。

❺ 熊本県 台湾外資系飲食チェーン 代表取締役社長 (50代 男性 T様)

 2週間に1回という定期的なコーチングによって目標とそのズレを正確に把握して軌道修正をするとができました。
また、変化する目標のなかで押しつけではなく自分の中からでてくる回答を感じるようになりました。
 スタートする前は「コンサル」と「コーチング」の違いを理解していなかったが、コーチングは自分の中にある回答を引き出す物だと実感した。わたしのように明確な目標がある人間でもコーチングによって自分の引き出しが開き、答えをひきだせるのだから、明確な目標が無い友人、知人に紹介してみたいと感じました

関連記事

  1. Hello world!

  2. コーチング型のコミュニケーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP